おうちバリスタ なつcafe

家庭用エスプレッソマシンを使ってデザインカプチーノ・ラテアートにチャレンジ。

 
1
2
3
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04

『この世界の片隅に』すずちゃんをカプチーノに描いてみた



『この世界の片隅に』公式サイト

のん(能年玲奈)さんがアニメの吹き替えながら久しぶりに復帰するというので、

気になっていた映画『この世界の片隅に』を観に行ってきました。

(正確に言えば観たのは公開が始まって4日後の先月なんですけど。)



すでに観た人達から賞賛の嵐でしたが、その評判通りの作品でございました。

まずは、のんさんの感想からですが、

初声優ながら のんさんの演技が実に素晴らしかった。

俳優さんがアニメの声を演じることに関して、

声だけの演技で感情を表現しないといけないので、

俳優さんの中には「この人は話題づくりのために起用したでしょ」的な

ヘタクソで畑違いな人達も多く、

最初にのんさんが主役を演じる時にも話題作りかなぁと思っていたのですが、

映画を観てその考えが間違っていたことに気づかされます。

のんさんの演技は話題性とかそんなこと抜きに素晴らしかった。

のんさんでも『あまちゃん』の天野アキでもなく

画面の中で生きているのは北條すずという一人の女性で、

北條すずをものの見事に演じきっていました。

物語が進むにつれどんどんすずちゃんに感情移入し心が揺り動かされました。

『あまちゃん』の天野アキ役もすばらしい演技をしていましたが、

ウワサされている前所属事務所の圧力でテレビ業界から干されてしまっているとか、

そんな芸能界のしがらみで埋もれさせてはいけない女優さんですよ。

映画についてはネタバレになるので多くは書けませんが、

戦争や原爆を描いたアニメですが暗い話ではありませんが、

戦況の悪化で生活がどんどん苦しくなることや

常に死と隣り合わせという現実の重さのなかにありながら、

そんな中においても日常の中の些細な幸せにベースを置いた物語が淡々と進み、

それが愛おしくてたまらなくなりました。

反戦を強調したような物語ではないものの

戦時中の普通の人達の普通の暮らしを綴っているからこそ

逆に戦争の悲惨さや愚かしさが伝わってくるのです。

ヘンに反戦を強調されるより心に去来するものがありました。

だから泣けて泣けてしかたがないのです。

この映画は公開当初は公開館数わずか63館だったのですが、

じわりじわりとクチコミの力で観に行く人が増えていき、

劇場数も増えて来ているという異例のヒットとなっています。

ひとりでも多くの人に観てほしい映画です。

心を何度も揺さぶられ生きることへの喜びや思いを次に繋げていくことの大切さを感じ

映画館から外へ出ると全てのものが愛おしくなるほどに、

きっと心に大きなものを残してくれるから。



これを書いていて、またすずちゃんに会いに映画を観たくなってきました。

ということで今回は北條すずちゃんをカプチーノに描いてみました。

『この世界の片隅に』北條すず デザインカプチーノ

素朴な雰囲気のある絵柄を描くのは難しいですね。

2016.10.27 ダブルリーフ

2016.11.02 ハート&リーフ

2016.11.26 リーフのラテアート


『ポケットモンスター サン・ムーン』ミミッキュをカプチーノに描いてみた

今週の金曜日にポケモンの新作『サン・ムーン』が発売になりますね。

新しいポケモンたちも登場しますが、

気になるポケモン「ミミッキュ」をカプチーノに描いてみました。

『 ポケットモンスター サン・ムーン』ミミッキュ




ハロウィン

もうすぐハロウィンなのでハロウィンのフチ子さんと一緒に撮影してみました。

ハロウィンのデザインカプチーノ

ハロウィンのデザインカプチーノ

ハロウィンのデザインカプチーノ



2016.07.16 リーフのラテアート

2016.10.04 リーフのラテアート

2016.10.21 リーフのラテアート

2016.10.25 リーフのラテアート

『シン・ゴジラ』蒲田くんをカプチーノに描いてみた

『シン・ゴジラ』とても面白いので3回も観てしまいました。

まだ上映中なのでもう1回ぐらい観るかもしれません。

公開されて1ヶ月以上が経過しますので、

ネタバレ全開にして書きますけど、

シン・ゴジラのゴジラは成長するんですよね。

第二形態のゴジラの姿が気持ち悪いけど

どこかカワイイいわゆる「キモカワイイ」と人気があり、

シン・ゴジラ 第二形態 蒲田くん

映画では蒲田に上陸するので『蒲田くん』というニックネームが付いて

SNSでは蒲田くんのイラストやグッズを作る人が増えてきています。

意外な人気?「シン・ゴジラ」で蒲田に上陸したゴジラ=蒲田くんのイラスト&画像まとめ #シンゴジラ #蒲田くん - Togetterまとめ

そこで、私もカプチーノに蒲田くんを描いてみました。

シン・ゴジラ 第二形態 蒲田くんのデザインカプチーノ

このカワイイ蒲田くんが、

こんな厳つい姿になるなんて信じられませんよね。

シン・ゴジラ デザインカプチーノ


映画『ペット』のマックスをカプチーノに描いてみた

公開中の映画『ペット』からマックスをカプチーノに描いてみました。

映画『ペット』マックスのデザインカプチーノ

ちなみに映画は観てないんですけどね・・・。

2016.04.06 ダブルリーフ

2016.03.27 トリプルリーフ

2016.05.30 リーフのラテアート



シン・ゴジラをカプチーノに描いてみた

大ヒット上映中の『シン・ゴジラ』をカプチーノに描いてみました。

シン・ゴジラ デザインカプチーノ

あの迫力を出すのは難しいですね…。

7月29日から公開が始まっている『シン・ゴジラ』でございます。

私も公開初日に観ているんですよ。







情報がほとんどない伝わってこない状態での公開となりましたので、

まっさらな気持ち観たわけですが、

空前絶後、驚天動地なゴジラ映画でございました。

2年前にハリウッド版GODZILLAが公開された時に日本のゴジラがハリウッド製になって悔しい!

…でもこれを超えられるゴジラが今の日本に作れるのか…

と思っていたのですが、その心配は稀有でした。

シン・ゴジラ(以下シンゴジと省略します)は

2年前のハリウッド版を遥かに超える超大作になっていましたし、

日本も頑張ればハリウッドに引けを取らない映画が作れることにも感動しました。

シンゴジは庵野秀明さんらしい解釈のゴジラでもあり、

シンゴジは子供が怖がるゴジラが帰ってきたってとも思えました。

子供にとっては怖いというより気持ち悪いかもしれないけど。

私が観ててもシンゴジ気持ち悪いと思うシーンがありました(笑)

気持ち悪いといってもグロイとかではなく、

こんなのが出てきたら泣いて逃げ出すっていうことです。

多くは語れませんが、エヴァとか『巨神兵東京に現わる』とか

これまでに庵野監督が作ってきたものをさらにパワーアップさせたものを見せつけられました。

細かくと書くとネタバレになるので避けて分七表現で感想を言えば、

未知の巨大生物が上陸してきた時に政府や各自治体や自衛隊に、

そして私達日本人はどう対処するのか、

アメリカを含めたほかの国々や国連はどう対処しようとするのか、

庵野監督が政府や官僚や自衛隊など関係各所を徹底的に取材し書き上げたシナリオは、

空想に徹底的なリアリティを加えた今の日本が出来るプロセスを綿密に描いた

完全な災害シミュレーション疑似ドキュメンタリー作品です。

そんな人間たちと対峙するシンゴジは過去の作品とは違う形で

日本を追い詰めたゴジラで最悪最凶クラスの強さかもしれません。

物語の流れも含め雰囲気が初代と似たものになったのは、

もちろん、シンゴジは原点回帰を狙って作っているのもありますが、、

初代スタッフは戦争と原爆と水爆で、

シンゴジスタッフは東日本大震災と原発事故を通した「日本の危機」を経験して、

その恐怖をダイレクトに作品ぶつけようとしてるからなのだと思いました。

映画を観るとタイトルにつけられた「シン」とは新なのか神なのか、

あるいは別の意味があるのかなどなど、どういう意味を指すのであろうかと

観る人によっていろいろ解釈ができてしまう納得のタイトルになっていると感じました。

『シン・ゴジラ』、主役はあくまで日本と日本人。

ニッポン対ゴジラのコピーに偽りなしの超ド級エンタメ作品で、

ここまでの人間讃歌に仕立ててくるとは思いもよらず、

その上でストーリーの説得力も申し分なかった気がします。

怪獣好きじゃなくても楽しめます。

ゴジラシリーズを見たことがない、ほとんど見ていない人でも楽しめます。

2時間を飽きさせず最初から最後まで誰もが楽しめる映画になっています。

これから観に行こうとしてる人達も期待して大丈夫です!

特撮映画の歴史を再び塗り替えることはもちろんですし、、

日本の映画もまだまだ大丈夫だと思える物凄い映画に出会えますから。

12年間待った甲斐があったよ!ありがとう庵野秀明監督!

監督が苦心したおかげでゴジラの歴史にまた傑作が加わりました。

このエントリを書いているうちにまた観たくなってウズウズしてきました。


STREAMER COFFEE COMPANY KOBE

昨日、神戸ハーバーランド モザイクにオープンした

STREAMER COFFEE COMPANY に行ってきました。

STREAMER COFFEE COMPANY KOBE

ラテアート世界チャンピオンである澤田洋史さんが手がけ

渋谷などに展開しているカフェが遂に神戸にもオープンしました。

そこで、早速オープン直後の11時に行ってきました。

STREAMER COFFEE COMPANY KOBE

STREAMER COFFEE COMPANY KOBE

STREAMER COFFEE COMPANY KOBE

STREAMER COFFEE COMPANY KOBE

STREAMER COFFEE COMPANY KOBE

STREAMER COFFEE COMPANY KOBE

STREAMER COFFEE COMPANY KOBE

STREAMER COFFEE COMPANY KOBE

STREAMER COFFEE COMPANY KOBE

STREAMER COFFEE COMPANY KOBE

STREAMER COFFEE COMPANY KOBE

STREAMER COFFEE COMPANY KOBE

STREAMER COFFEE COMPANY KOBE

オープンの日ということで澤田さんがいらっしゃるかと期待したのですが、

残念ながら澤田さんは来ていませんでした。

でも、神戸店のバリスタさんも澤田さんから直接指導を受けている

お弟子さんだけあってラテアートの腕前は一級品でした。

これから、ハーバーランドに遊びに行くたびに寄ってしまいそうです。


アクセスカウンタ
プロフィール

なつかもとや

Author:なつかもとや
コーヒー関係が苦手だった私が、
デザインカプチーノに魅了され、
無謀にも独学で、ラテアートや
デザインカプチーノ作りに孤軍奮闘中。


 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
お買い物にどうぞ。


 
 
おすすめ