おうちバリスタ なつcafe

家庭用エスプレッソマシンを使ってデザインカプチーノ・ラテアートにチャレンジ。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小川珈琲のラテアートイベントその2

小川珈琲のラテアートイベント報告の後編でございます。

本店の入口では、岡田章宏バリスタによるラテアート体験が実施されていました。

ラテアートをしたことがないという方には気軽な感じに、

趣味で自宅バリスタをしている方には詳しくアドバイスしてくれる

誰でも気軽に参加できる体験イベントです。

無料というだけあって大勢の方が参加したり、

見学したりで賑わっていました。

基本は見本として写真の飾ってあった、

クマ・ネコ・イヌ・ウサギ・アザラシ・スノーマンの

6種類から作りたいものを2杯選ぶのですが、

他にも、リーフやハートなどもリクエストできて、

ミルクのスチームから注いで完成するまでを

岡田バリスタの指導のもと作っていきます。

ラテアートレッスン

ラテアートレッスン


さて私の出番です。

2回作らせていただいたのですが、

1回目は1杯だけでリーフを作ってみました。

いつも通りに自分だけでやってみてと言われたので、

いつも通りな感じにやってみましたが、

いきなりピッチャーを傾けないとダメだしがでました。
ラテアートレッスン

岡田バリスタの厳しい視線の中ミルクを注ぎましたが、
20110501LatteartLesson1.jpg

いつも通りの私のヘロヘロなリーフが出来ました。
ラテアートレッスン

2回目は、他の方と同じように、岡田バリスタが手を添えての指導です。
ラテアートレッスン

こんな感じに美しいリーフが完成しました。
リーフのラテアート

もう1杯はアザラシにしてみました。
アザラシのデザインカプチーノ

リーフとアザラシ

岡田バリスタのアドバイスをまとめると

1・真ん中に静かにミルクを流す感じに注ぎ始め、
  リーフの葉を描くときのピッチャーの振りは
  常に5ミリから1センチ以内のサイズで、
  ピッチャーは移動させずに注ぎ始めと同じ個所で
  カップの中央で振り続ける。

2・溢れる手前でカップを水平に戻しつつピッチャーを振りながら手前に動かし、
  ピッチャーを移動させて葉の中央を切るように注ぐのではなく、
  ピッチャーを上げながらカップの方を移動させて葉の中央部分を切るようにする。

ラテアートレッスン

文字にすると伝わりにくいかもしれませんが、こんな感じでした。

ラテアートに関する本では、

ミルクの白がエスプレッソに浮いてきたら、

ミルクを注ぎながらカップの奥にピッチャーを動かし、

左右の振り幅を小さくしながらカップ手前に移動させ、

ピッチャーを上げカップの奥に葉の中央を切るように

奥に移動させて注ぐと書いていますが、

岡田バリスタの作り方(アドバイス)は、

ピッチャーの振り幅は5ミリから1センチ以内で、

左右の振り幅を変えず常に中央に注ぎ、

葉の中央を切る最後の工程は、

ピッチャーではなくカップを移動させた方が

真っすぐなリーフに仕上がるので、

ピッチャーではなくカップを移動させて作るものでした。

やはり、プロの方に目の前で教えて頂くと本当に勉強になりました。

独学でどこまで出来るかが、このブログのモットーですが、

本や動画で学ぶだけでは限界があるのかなぁとも感じました。


自宅に帰って、岡田バリスタのアドバイスを思い出しながら、

ミルクをスチーミングして、

ピッチャーの振り幅を変えず中央で注いで、

カップを動かして葉の中央を作って出来たリーフです。

2011.05.02 リーフのラテアート

2011.05.03 リーフのラテアート

2011.05.05 リーフのラテアート


どうでしょうか?

進歩はあったでしょうか?

あんまり変わってないかな?



Comments

No title
岡田バリスタ、教えるのもすごいですねえ。

葉っぱの枚数が増えているのは、やはり進歩だと思います!!

こないだマイミクさん(チーノさん)に教えていただいたのは、
葉の中央を切るときに、ピッチャーの先を上げないで
そのまま切っちゃうと、タマネギみたいになっちゃうから
切るときには先を上げてね、ということでしたよ~。
(私もまだまだできませんが^^;)
No title
chobi さま

やっぱプロって凄いと思ったのは、
最初に自分だけで作ってみたリーフを見て、
改善しなきゃいけないクセが分かるところです。

>葉の中央を切るときに、ピッチャーの先を上げないで
>そのまま切っちゃうと、タマネギみたいになっちゃうから

タマネギみたいなのって、
ミルクの注ぎで葉っぱがみよ~んって下に引っ張られた感じのことかな?
なら、よくやっちゃいます。

先の角度を気をつければいいんですね。
そこの部分にも気をつけて作ってみます。


4年やっても、まだまだ学ぶことばっかりだわ~。
というか、全然進歩してないw

Leave a Comment


Body
アクセスカウンタ
プロフィール

なつかもとや

Author:なつかもとや
コーヒー関係が苦手だった私が、
デザインカプチーノに魅了され、
無謀にも独学で、ラテアートや
デザインカプチーノ作りに孤軍奮闘中。

Twitterアカウント


プレゼントしてくれると喜びます!
私のamazonほしい物リスト

 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
お買い物にどうぞ。


 
 
おすすめ

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。