おうちバリスタ なつcafe

家庭用エスプレッソマシンを使ってデザインカプチーノ・ラテアートにチャレンジ。

 
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05

ゲゲゲで始まる朝8時  目玉親父のデザインカプチーノ

水木しげる先生の妻 布枝さんの自伝を原案としてドラマ化した

NHK朝の連続ドラマ『ゲゲゲの女房』




日本や海外のドラマをほとんど見ない私ですが、

子供の頃からの水木しげるファンとしては、

このドラマは見逃せない作品なので、

毎朝欠かさず、しかも録画してまで観ています。

ドラマだけに演出の都合上、

時系列が事実とちょっと違っていたりするのですが、

そんなことが気にならないほど、よく出来ていて面白いです。

視聴率も上がって来ているそうですし、

ドラマの効果で、角川文庫版の『貸本・墓場鬼太郎』も売り上げアップなのだそうです。

正義の味方の鬼太郎しか知らない人が、墓場鬼太郎を読んだら、

その内容に驚くことでしょうね。

鬼太郎と関わった人すべてが死ぬなどの不幸になりますから(笑)

そこで、今回は、

久々に水木作品から目玉親父をカプチーノに描いてみました。

目玉おやじのデザインカプチーノ

新しいマシンのスチームに慣れてきたとはいえ、

まだ、きめが細かく滑らかなツヤツヤの光沢のある

シルクのようなフォームドミルクにならないので、

チョコレートシロップで線を描くと、

チョコシロップが乗ったところの気泡がはじけて、

線がにじんだり太くなってしまい思うような線が描けません。

単純なキャラクターなら、すぐに描けるのでいいのですが、

時間がかかる線の多い細かいキャラクターを描くには、

ちょっと難しいところです。

マシンを買い換えたすぐの頃にリクエストとして

『ワンピース』のゾロを頂いているままになっているので、

早くリクエストに応えたいのですが、

う?ん困ったなぁ。


Comments

Leave a Comment


Body
アクセスカウンタ
プロフィール

なつかもとや

Author:なつかもとや
コーヒー関係が苦手だった私が、
デザインカプチーノに魅了され、
無謀にも独学で、ラテアートや
デザインカプチーノ作りに孤軍奮闘中。


 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
お買い物にどうぞ。


 
 
おすすめ