おうちバリスタ なつcafe

家庭用エスプレッソマシンを使ってデザインカプチーノ・ラテアートにチャレンジ。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

コーヒータンパー

使用しているエスプレッソマシンには、

最初からコーヒータンパーが付属しているのですが、




このように計量カップとドッキングしたプラスティック製です。

コーヒータンパーは何に使う道具かというと、


↑のポーターフィルターにコーヒー粉を入れて、

抽出時にフィルター内で粉が暴れないよう、

水平に粉を押し込める(タンピングする)ための道具なのですが、




タンピングには20?の力を加えなければいけません。

付属のタンパーは、形が形だけに、押し込む時に力を入れると、

グラグラしてバランスが悪いし、

素材が素材だけに折れそうな気もします。

(この前、“ミシッパキッ”という音がして焦りました。
 幸い、ひびは入っていませんでした。)

そこで、近頃、欲しいなと思うものは、市販のコーヒータンパー。

REG BARBER 57mmカーブ コーヒータンパー ブビンガウッド
REG BARBER 57mmカーブ コーヒータンパー ブビンガウッド
REG BARBER(レッジバーバー)
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



REG BARBER 57mmカーブ コーヒータンパー ポリッシュトール
REG BARBER 57mmカーブ コーヒータンパー ポリッシュトール
REG BARBER(レッジバーバー)
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ASCASO アクセサリー ダイナモメトリックタンパー v.1844
B000IACG4A
ASCASO(アスカソ)
売り上げランキング : 16803

おすすめ平均star
starこの質感!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


しかし、まあなんですね?。

当たり前のことですが、

利用者が限られている道具だけに値段が高いし、

水平にタンピングするためにしか使えない道具で、

他に利用できそうなことは、

文鎮かドアノブの代わりぐらいにしかならないから、

浪費家の私でも買うのを躊躇(ちゅうちょ)しています。

 これを買うためには、totoか宝くじを当てるか、

ネットでお小遣いを貯めるアフィリエイトで、

少しずつお金を貯めて、いつか買いましょうかね。

一万二千円が溜まるのは、いつのことになるのやら… ┐(´?`;)┌ 

Comments

タンパーも奥が深いですよ。

ラテアートに、というよりも、
エスプレッソの落ち方、味(素材のキャラクター)の出方、
に大きく影響します。

家庭ユースだと、マシンと同じ値段ほどもするタンパーは
なかなか手が出ませんよね。

ただ、TH-010は粉を詰めるフィルタバケット径が
58mmと業務用マシンと同じサイズなので、
ドーシング、タンピングでかなりの可能性を秘めていると思います。
追伸、
粉の詰まった写真を拝見したのですが、
1ショット7g、
2ショット14g
といった、書籍に載っている規定量ではなく、
メッシュ(挽き具合)を多少粗くして
タンピングする前にすりきりまでくるように
ドーシングしてすりきると、善いかも知れません。

そのあたりは、リンクにあります
ウタカタのサイトを参考にされるとよいかもしれませんね。

味が大きく変わりますよ。
krさま

実は、先日、タンパーを注文しちゃいました。
レッジバーバのタンパーです。
昨日、届いたので、また順を追ってご紹介していきます。

>といった、書籍に載っている規定量ではなく、
メッシュ(挽き具合)を多少粗くして
タンピングする前にすりきりまでくるように
>ドーシングしてすりきると、善いかも知れません。

ついつい書籍のとおりに律儀に、
写真にある計量カップ1杯or2杯をフィルターに入れてますが、
粉は贅沢に使ったほうがいいんですね。
これからはケチらずにそうします。
レッジーバーバーのタンパーは実にシビアに
タンピングの調整が可能で素晴らしいですよ。
タンピングの手順は宮前さんの本の手順は少し難しいかもしれません。
ドーシングの際に山盛りに積むのは難しいので、
少しずつつめながら、ポルタフィルタを叩いて、またつめて・・
という作業を3~4回繰り返した方が善いかもしれません。
タンピングは始め軽く行って、
ポルタフィルタの脇を、タンパーのヘッド(ハンドル部分の先端)で
ノックして、脇に付いた粉を落として、
再度、しっかりタンピングするというやり方がやり易く、安定するかなと思います。


また、宮前さんの本で、
多少多めの分量が書かれていたと思います。
La Marzoccoを使う場合、あれくらいの値になると思います。
(今手元に書籍が無いので具体的な数値は覚えていませんが)

ちなみに、私はダブルで19~20g程度
シングルだと13~14g程度ですね。
ドーシングアップを行っています。
メッシュはそれに合わせた粗めにしています。
メッシュの調整は抽出されるエスプレッソの色、流量、
抽出時間で行います。

Leave a Comment


Body
アクセスカウンタ
プロフィール

なつかもとや

Author:なつかもとや
コーヒー関係が苦手だった私が、
デザインカプチーノに魅了され、
無謀にも独学で、ラテアートや
デザインカプチーノ作りに孤軍奮闘中。


 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
お買い物にどうぞ。


 
 
おすすめ