おうちバリスタ なつcafe

家庭用エスプレッソマシンを使ってデザインカプチーノ・ラテアートにチャレンジ。

 
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05

リーフの魅力

リーフのラテアート

ラテアートやデザインカプチーノに興味を持って、

趣味でやっている方のブログ巡りをしていた最初の頃、

そこに載っている写真の

ほとんどがリーフばかりなので、

どうして、他の作品を作らないのだろうと疑問に感じていました。

そして、マシンなどを揃えてカプチーノ作りをしてからは、

クマやウサギなど作って楽しい多くのデザインがあるのに、

どうしてリーフしか作らないんだろうと、

ますます、その疑問は強くなっていました。

リーフのラテアート

ところが、

おうちバリスタ生活を始めて1年余り経過して、

ようやくその疑問が解けました。

リーフこそがもっとも魅力的なデザインであると!

リーフは見た目の美しさもさることながら、

フォームドミルクの出来や、

ピッチャーの振り加減、

その日の体調や心理面も影響し、

上級クラスのデザインで作るのが難しいゆえに、

上手く出来た時の達成感。

この達成感は、

ほかのアートカプチーノと比べようの無いぐらい、

よい気持ちになります。

そして、人に提供した時の、

驚きやお褒めの言葉を聞いたときや、

ブログで「上手くなってきましたね」とコメントを頂いた時の、

ちょっとした優越感&高揚感(笑)

リーフのラテアート

自分の作り出すリーフのラテアートは、

まだまだ充分な完成度とは言えないけれど、

そんな多くのものがイッパイ詰った

リーフのラテアートの魅力に、

改めて感動を覚え、

もっと上手くできるようになりたいという気持ちが

ますます強まるのでありました(`・ω・´)


↓↓応援のクリックいただけると嬉しいです。


↓↓応援のクリックいただけると嬉しいです。


いつも読んでくださりありがとうございます♪
とても励みになっています(*´∀`*)
これからも応援よろしくお願いします。

Comments

そうなんですよね。
ハートがうまく描けなかった頃は一生懸命ハートを描けるように練習してたんですが・・・・
リーフの雰囲気がわかってきたらもうあとはリーフばかり。
難しいからこそ技術の進歩が自分で見てわかるんだと思います。

淹れる前はいろいろ考えてるのに、いざミルクを注ぐ段になるとリーフを描いてる。
みんな一緒なんですね。
たくさま

私もハートから入ったのですが、
途中でリーフに浮気しちゃいましたw

で、それなりリーフらしくなったのが作れるようになってくると、
自然にハートが作れるようになってました。

ですから、たくさまも気がついたら、
ハートが作れるようになっていると思いますよ。

Leave a Comment


Body
アクセスカウンタ
プロフィール

なつかもとや

Author:なつかもとや
コーヒー関係が苦手だった私が、
デザインカプチーノに魅了され、
無謀にも独学で、ラテアートや
デザインカプチーノ作りに孤軍奮闘中。


 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
お買い物にどうぞ。


 
 
おすすめ