おうちバリスタ なつcafe

家庭用エスプレッソマシンを使ってデザインカプチーノ・ラテアートにチャレンジ。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

真昼のルミナリエ

阪神淡路大震災の犠牲者への鎮魂の意味を込めてスタートした

『神戸ルミナリエ』

今年で14回目を迎えます。

厳かな“鎮魂の灯り”というより、神戸ではクリスマスに欠かせない

賑やかな観光イベントになってしまった感じがあり、

少し寂し気分もしています。

4年目以降は夜のイルミネーション点灯時には行ってないのですが、

その代わり、青空の下のルミナリエをいつも楽しみにしています。

青空の下のルミナリエは、木製アーチの白と青空と雲が重なり、

太陽光にさまざまな色の電球が照らされて、

また違う美しさがあるんですよ。

ルミナリエ

ルミナリエ


ルミナリエ

ルミナリエ

お昼のルミナリエを見たことがない人は、

ぜひ青空のルミナリエも見に行ってみることをオススメします。


ルミナリエは大丸近くでのイベントなので、

帰りに「カフェラ」に寄ってきました。
カフェラのカプチーノ

いつも読んでくださりありがとうございます♪
↓2つのランキングに参加しています。
皆様の一日1回のクリックによって、
アートのやる気がアップするので、

応援のクリックをよろしくお願いします♪



いつもありがとうございます(^ω^) 

Comments

No Subject
青空の下のルミナリエもいいものですね。
点灯時には幻想的だけど、青空をバックにすると清楚な感じ。個人的には3枚目の逆光のが好きです、遠近感とコントラストがいいな~^^
観光イベント化はまあ仕方ないけど、神戸以外の私たちも震災のことを忘れないようにしたいです。

カフェラの写真からは香りが漂ってくるみたい。
No Subject
「真昼のルミナリエ」美しいですね。愛知県に住む私は、
ニュースなどの映像で、電飾が入った夜しか見たことがありませんが、昼は昼で、青空に映える感じがするものですね。
 私も、観光化するのは、何だか悲しいような感じがしますが、それでもやっぱり、あの悲劇だけは忘れないようにしたいと思います。
 ラテアートはかわいくて、あったかくて、本当に寒い時に
ほんわかしてくる感じが伝わってきます。
No Subject
タコですさま

青空の下のルミナリエもいいもんでしょ。

ただ、このメイン広場も周囲に高層マンションが増えて、
空と撮影するのが難しくなってきました。

ルミナリエが観光イベント化っぽくなっても、
観光客が神戸にお金を使ってくれたらOKなんですが、
期間中、周りのお店もあまり儲からないそうです。
No Subject
愛国青年さま

ニュースだと点灯した夜の映像だけですものね~。
神戸市以外の人は、こういう機会でないと
青空の下のルミナリエは見れませんから、
この写真はお徳ですよ(笑)

最初は鎮魂の意味があってのイルミネーションも、
大勢の人が集まれば、だんだんと観光化しちゃうのも
無理はないかなとも思います。
でも、神戸市民からすればちょっと悲しいものがあります。
No Subject
あの日、瀬戸内の町も揺れました。
裏山のすぐ傍に寝室があったせいか、“ドーン!!”という強い衝撃があり、飛び起きてまだ1歳になっていなかった息子を抱きしめ窓を開けたのを、昨日の事のように思いだされます。

私は、ルミナリエには行ったことがないのですが、数年前訪れた母が、帰宅して開口一番、『イベント色の強さにがっかりした』と申しておりました。
あちこちにゴミも散乱していたそうで、その事にも立腹しておりました。
地元の方なら尚更だと思います。


とても素敵な写真を見せて頂き、ありがとうございました。


No Subject
chiaさま

瀬戸内も衝撃や揺れがきつかったようですね。

>あちこちにゴミも散乱していたそうで、
>その事にも立腹しておりました。

そうなんですよ。
ポイ捨ての多さも嫌な気分になるんですよ。
上を見上げればキレイだけど、
下はゴミだらけで、お花見と一緒ですね。
ああいうのを見ちゃうと悲しくなりますよ。

Leave a Comment


Body
アクセスカウンタ
プロフィール

なつかもとや

Author:なつかもとや
コーヒー関係が苦手だった私が、
デザインカプチーノに魅了され、
無謀にも独学で、ラテアートや
デザインカプチーノ作りに孤軍奮闘中。


 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
お買い物にどうぞ。


 
 
おすすめ