おうちバリスタ なつcafe

家庭用エスプレッソマシンを使ってデザインカプチーノ・ラテアートにチャレンジ。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

これぞプロのテクニック!

月一の病院の診察帰りに三宮へ買い物に行って、

勉強のためにカフェに寄ることにしたのですが、

一昨日に大丸のカフェラに行ったから、

そごうのカフェ・デルソーレに行ってみました。

(最初から、そのつもりだったのですが(笑))

すると、先月と同じバリスタの方がいらしたのですが、

一度会っただけなのに、顔を覚えてくれていました。

「今日は何を描きましょうか?」と尋ねられたので、

イヌを頼んでみました。

やはり、これぞプロ!注ぐ姿だけでも様になってます。
デル・ソーレ 神戸そごう店

線を入れるのも迷いが無くスピーディーに描かれていきます。
イヌのデザインカプチーノ制作中

完成!
イヌのデザインカプチーノ

イヌと頼んだだけなのに、

トーイと同じ耳の長いイヌが出てきてビックリ。

絵としても可愛く、何よりもバランスが良いですよね。

母が頼んだのはリーフのラテアート。
プロのリーフのラテアート

やはり、バランスが取れていて美しいです。


ここは、目の前で作る工程が見れるので、

本当に感動しますし、なにより勉強になります。

「想い描くカタチのとおりにスチームドミルクをいつも注ぐ」

これが、まずプロとアマチュアの違いなのでしょうね。

美味しいカプチーノとチーズケーキを味わいながら、

いろいろ話していて、

これまでに私が作ったデザインカプチーノの中から、

リーフや動物、鬼太郎シリーズやルパンシリーズなど

自信作の写真を見ていただいたところ、

ものすご??く褒めていただきました。

家庭用の安いマシンでここまで出来るなんて凄いそうです。

とくに、スワンのラテアートは、

ラテアートの中でも作るのが難しいらしく、

プロのバリスタでも、苦手な人が多いそうです。

(そういえば、カフェラの横野バリスタも同じことを言ってました。)

ほかにも、リーフの失敗をねずみ男にしてみたり、

ミルクを丸く注ぐつもりが失敗したのを、

おサルのカタチに見えたのでおサルにしてみたりという

失敗を切り替える発想の転換力を褒めていただいたりして、

ちょっと天狗になりそうなほど、かなり自信がつきました(^ω^)

そして、比較的上達した最近のリーフの中から、

昨日作ったリーフのラテアートの写真を見てもらったところ…
リーフのラテアート

葉っぱが下に引っ張られすぎていると指摘されました。

ピッチャーを左右に振りながら手前に引いて葉っぱを描いて、

次にピッチャーを前方に移動させて模様を切るように軸を描くのですが、

軸を描く時のピッチャーを移動させるスピードを

ゆっくり移動させたほうが、

葉っぱが軸につられて引っ張られること無く、

より美しいリーフになるという目からウロコなアドバイスを頂きました。

で、家へ帰って、早速アドバイスどおり作ってみたところ、

葉っぱのカタチは微妙ですが、

下に引っ張られるのは改善されました。
リーフのラテアート

さすが、プロの方ですね。

アドバイスが的確で敬服いたしました。

また、リーフ作りが面白くなりそうです。

今日は、本当にありがとうございました(*´∀`*)


いつも読んでくださりありがとうございます♪
↓2つのランキングに参加しています。
皆様の一日1回のクリックによって、
アートのやる気がアップするので、

応援のクリックをよろしくお願いします♪



いつもありがとうございます(^ω^) 

Comments

No Subject
 ワンちゃんもリーフも、さすがプロの技、といったところでしょうか?
 昔、手塚治虫先生の著書に「マンガ家になりたかったら、
まずいい映画を沢山見なさい。」という言葉があったように
思います。
 つまり、すぐれた作品からは、良い刺激を一杯受けると言うことなんでしょうね。
 管理人様も、こうして、趣味とはいえ、いい刺激を沢山受けておられるではありませんか!
 これはきっと、役に立つと思いますよ。
No Subject
愛国青年さま

やはりプロの方の手際のよさや
描かれたアートを見たり、
また話したことの内容によって、
刺激とやる気に満ち溢れますね~。

この受けた刺激とやる気を無駄にしないようにせねば。
No Subject
なつかさん こんばんわ
カフェアートは、すごいですね。
このように絵を書いてくれるカフェがあることすら知りませんでした。
プロの人もいるんですね。
こういうのは、選手権みたいなのがあるんでしょうか?
さすがプロ!
そのプロにものすご~~く褒めていただけたのだから、この際大天狗になってください!(^^)v
リーフもこの調子だと一段とプロに近付けそうですね♪
No Subject
hikoさま

こんばんわ~。

>このように絵を書いてくれるカフェがあることすら知りませんでした。

カプチーノであれば基本はハートやリーフですが、
簡単な動物系の絵なら描いてくれるカフェは多いですよ。

>こういうのは、選手権みたいなのがあるんでしょうか?

ハイ、存在します。
バーテンダーの大会のように、
バリスタ(コーヒー抽出師)専門の
「ジャパン・バリスタチャンピオンシップ」というものがあります。
カプチーノにミルクで模様や絵を描く
ラテアート部門もあります。
興味があれば検索してみてくださいね。
No Subject
タコですさま

家庭用マシンとはいえ、
リーフやハートの出来はともかく、
ほかの作品はカフェでお客様に出しても、
充分に通用するぐらいのカプチーノになっているとも
言ってもくれましたので本当に天狗になりそう(笑)

天狗になると鼻をへし折られるし、
有頂天になりすぎると足元をすくわれるので、
これからも真面目にコツコツ練習します。
No Subject
なつかさん おはようございます。
検索で調べてみたらありました。
決勝に残る人のほどんどが プロばかりなんですね。
企業にもバリスタ部なんてものもあるんでしょうかね?
No Subject
hikoさま

>企業にもバリスタ部なんてものもあるんでしょうかね?

hikoさまのおっしゃる企業というものが、
どういった企業を指しているのかは分かりませんが、
バリスタ部というよりも、
現在、バリスタという職業をしている人のほとんどが
料理専門学校や企業などで知識や技術を学んだことは確かでしょうね。

Leave a Comment


Body
アクセスカウンタ
プロフィール

なつかもとや

Author:なつかもとや
コーヒー関係が苦手だった私が、
デザインカプチーノに魅了され、
無謀にも独学で、ラテアートや
デザインカプチーノ作りに孤軍奮闘中。


 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
お買い物にどうぞ。


 
 
おすすめ