おうちバリスタ なつcafe

家庭用エスプレッソマシンを使ってデザインカプチーノ・ラテアートにチャレンジ。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

かっぱっぱ?るっぱっぱ?カッパのデザインカプチーノ♪

夏をイメージする妖怪といえば、

やはり、カッパが一番なのかなぁと思い、

カプチーノにカッパを描いてみました。
カッパのデザインカプチーノ


カッパで思い出すのが「黄桜」のCMですね。



子供の頃は、こんな絵でもちょっとドキドキしたものですw


オマケ:練習しているリーフのラテアート
リーフのラテアート

リーフのラテアート


いつも読んでくださりありがとうございます♪
これからも応援よろしくお願いします(*´∀`*)
←クリックいただけると嬉しいです。

←クリックいただけると嬉しいです。

Comments

 こりゃまた可愛らしいカッパですね。
 確かに夏の妖怪といえば、カッパというイメージがありますね。
「菊川酒造」のカッパは、ご紹介のものは、小島功先生のもので、かなりセクシーになりましたね。
二代目になるそうですね。初代は清水昆先生のもので、もう少し可愛らしいデザインだったとか、
かっぱかわいいです♪ かっぱ大好き(*^^*)
私も黄桜のかっぱにはドキドキしたクチです。

伏見にある黄桜のミュージアムは楽しくて大好きです。
愛国青年さまが書かれている初代のかっぱのイラストも
見ることができるんですよ♪
ほんわか家族的な可愛らしい雰囲気のかっぱさんです。
愛国青年さま

夏といえばお化けや妖怪の活躍するシーズンですが、
夏が一番似合っている妖怪ならやっぱりカッパですよね。

>初代は清水昆先生のもので、もう少し可愛らしいデザインだったとか、

黄桜のサイトに行くとCM全てが見れますが、
確かに初代は可愛い系ですよね。

昭和50年代は二代目の小島功先生なので、
私の印象では黄桜のカッパは小島功先生なんですよね。
りみさま

>私も黄桜のかっぱにはドキドキしたクチです。

今見ても色っぽいですよね。

>伏見にある黄桜のミュージアムは楽しくて大好きです。

黄桜のサイトを見てミュージアムの存在を知りました。
次に京都へ行く時は、行ってみようかな。

Leave a Comment


Body
アクセスカウンタ
プロフィール

なつかもとや

Author:なつかもとや
コーヒー関係が苦手だった私が、
デザインカプチーノに魅了され、
無謀にも独学で、ラテアートや
デザインカプチーノ作りに孤軍奮闘中。


 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
お買い物にどうぞ。


 
 
おすすめ