おうちバリスタ なつcafe

家庭用エスプレッソマシンを使ってデザインカプチーノ・ラテアートにチャレンジ。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

追悼 赤塚不二夫先生

昨日、ギャグマンガ界の巨匠である

赤塚不二夫先生がお亡くなりになりました。

『天才!バカボン』と『おそ松くん』が大好きでした。

今日は、ほかのキャラクターアートカプチーノを

アップする予定でしたが、予定を変更して、

赤塚先生の生み出した一番有名なキャラクター

バカボンのパパをカプチーノに描いてみました。

バカボンのパパのデザインカプチーノ

パパの「これでいいのだ」という言葉は、

すべてを受け入れ開き直り前向きになれる不思議な言葉で、

つらい時に何度励まされたことでしょうか。

ナンセンスでハチャメチャなんだけど、

優しさを感じられる漫画には本当に笑わされ癒されました。

天国なら健康のことを気にせず、

好きなお酒を飲みまくれるでしょうから、

お酒を飲みながら楽しいマンガを描いてくださいね。

謹んでご冥福をお祈りいたします。


いつも読んでくださりありがとうございます♪
これからも応援よろしくお願いします(*´∀`*)
←クリックいただけると嬉しいです。

←クリックいただけると嬉しいです。

Comments

「天才バカボン」は、私も好きな漫画&アニメでした。私にとっての一番のなぞは、何故あの美人のママがパパと結婚したのか?というところ
でした。
 赤塚先生・・・・天国で好きな煙草、好きなお酒をやりながら、トキワ荘仲間といっしょにわいわいやってください。
 今回のアートは、ちょっとほろりときてしまいました。
バカボンのパパも、その登場から今日まで、幅広い世代の方に知られ
愛され、親しまれてきたキャラクターですよね。
きっとこれからもずっと愛され続けるのでしょう。
「これでいいのだ」
バカボンパパの言葉にはほんとうに勇気づけられます。
このラテアートも、優しい味がするのでしょうね。

赤塚不二夫先生の冥福をお祈りいたします。






愛国青年さま

>何故あの美人のママがパパと結婚したのか?というところでした。

そのエピソードってアニメで見たような気がする。
まだ、そのころはパパはバカになっていなかったような?
記憶違いかもしれませんが。

>トキワ荘仲間といっしょにわいわいやってください。

だんだん天国が豪華になってきますね~。


りみさま

幅広い世代に愛されるキャラクターが生まれる
マンガやアニメって本当に素晴らしいですよね。

ずっと愛され続けるキャラを生み出すのも、
考えた漫画家さんのお人柄があるからなのでしょうね。
作品としてみんなの心に生き続けるなんて、
これほど素晴らしいことはありません。
バカボン、おそ松君は子供の頃に再放送を見ていました。
作者の赤塚不二夫さんが亡くなったニュースを見た時に
寂しい気持ちであったのは作品を通して親近感を覚えていたから
なのかもしれません。

バカボンのパパは結婚してから人格が変ってしまったのですか??
昔はまともだったなんて知らなかった・・・・
kujiraさま

バカボンのパパは結婚する前にバカになってしまいました。
原作とアニメではバカになった経緯が違いますけど。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%AB%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%83%91%E3%83%91

記憶がごっちゃになって違いがあったようで、
ママと出会った頃はバカだったようです。

Leave a Comment


Body
アクセスカウンタ
プロフィール

なつかもとや

Author:なつかもとや
コーヒー関係が苦手だった私が、
デザインカプチーノに魅了され、
無謀にも独学で、ラテアートや
デザインカプチーノ作りに孤軍奮闘中。


 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
お買い物にどうぞ。


 
 
おすすめ