おうちバリスタ なつcafe

家庭用エスプレッソマシンを使ってデザインカプチーノ・ラテアートにチャレンジ。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

カプチーノライフ (リーフ三連発その11)

先週の水曜日にグラインダーKG364Jが届き、

金曜日にヴァアラ珈琲さんから豆が届いて、

新たなカプチーノ(エスプレッソ)ライフがスタートしました。

金曜日は、ちょっとしたハプニングが起こったのですが、

グラインダーが到着する前に作ったカプチーノの写真があるので、

それをアップしつくしてから、

抽出中に起こったハプニングのことなど、

グラインダー到着後のカプチーノライフを書くことにします。

4月20日に作ったリーフのラテアートその1
練習中のリーフのラテアート


4月20日に作ったリーフのラテアートその2
練習中のリーフのラテアート


4月20日に作ったリーフのラテアートその3
練習中のリーフのラテアート



Comments

グラインダー導入、おめでとうございます。
導入後の記事を楽しみにしております。

初めてグラインダーを使われるということで
戸惑うことも多いかと思います。
残った粉の清掃など、味への影響も
少しずつ気にしながら慣れていけると善いですね。

私のグラインダー導入は2000年のことでした。
神戸元町の、とある珈琲屋でKG-100を購入しました。
スターバックスコーヒーで販売になるだいぶ前の話です。
>残った粉の清掃など、味への影響も
>少しずつ気にしながら慣れていけると善いですね。

刃を外すと、けっこうな量の粉が残っていて驚きました。

導入初日の記事、わたしだけの失敗なのか
そういうところも含めて楽しみにしておいてください。

コーヒーも農作物で、
1つ1つに多くの手が掛かっています。

産地によっては急斜面の険しい山道を歩いて収穫に行き、
片手はコーヒーノキにつかまりながら、収穫を行い、
収穫したコーヒーチェリー(相当重たいです)を持って、元来た、
急斜面の山道を下だっていく、
そして貧しい生活のために、目先の必要なお金のために、
仲買い屋に、激しく安い値段で売ってしまう、、

そんな状況も往々にしてあるようですね。

そして、収穫されたコーヒーが如何に、
熟度の低いコーヒーと混ぜられずに、
醗酵する前に生産処理工程に持ち込まれるか・・

ハイ、マニアックなスペシャルティコーヒーの話になってしまいます(汗)
コーヒーも産地によっては、
採取の為に貧困層が奴隷のように扱われている場所もありますね。
コートジボアール北部では、
コーヒー豆のほかにも、カカオのプランテーションで
子供が奴隷として働かされていたりしますね・・・。

スペシャリティコーヒーの話とは外れますが、
以前、本で読んだフェアトレードなどのことを思い返してしまいました。

Leave a Comment


Body
アクセスカウンタ
プロフィール

なつかもとや

Author:なつかもとや
コーヒー関係が苦手だった私が、
デザインカプチーノに魅了され、
無謀にも独学で、ラテアートや
デザインカプチーノ作りに孤軍奮闘中。


 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
お買い物にどうぞ。


 
 
おすすめ