おうちバリスタ なつcafe

家庭用エスプレッソマシンを使ってデザインカプチーノ・ラテアートにチャレンジ。

 
1
3
5
7
10
12
13
15
17
19
21
23
24
26
27
02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALESSI アレッシィのミルクジャグ

先日、買ったとお伝えしたものは、

ALESSIのミルクピッチャー350cc(12oz)でした。

ALESSIのミルクジャグ

ピッチャーが変わったからといって、

急にラテアートの腕前が劇的に上達するわけでもなく、

「弘法筆を選ばず」と言葉があるように、

ようするに、どんなピッチャーでも

“慣れ”の問題だけだと思い、

Rattlewareのピッチャーひとつで頑張っていました。

でも、

どーしても、

やっぱり、

もう一個欲しくなりまして、

どうせなら、注ぎ口が突き出たタイプを買いたいので、

メプラかアレッシィのどちらにしようか迷ってましたけれど、

ぽってりしたカタチのアレッシィに決めました。

円高なのにも関わらず値段が高すぎるので、

「定額給付金」を頂いたら買おうと考えていたのですが、

いつまで経っても、頂けそうに無いので、

しびれを切らして買っちゃいました(笑)

RattlewareとALESSI

さて、肝心の使い心地ですが、

Rattleware違って、

手に持ったときにズッシリとした重みがあり、

スチーム中のミルクの温度を測るため、

ピッチャーに手を添えた時のフィット感が気持ちいいです。

ぽってりとして底が丸いので、

スチーム中の対流が違います。

スチーム後の仕上がりも、より滑らかなようで、

ピッチャーをくるっと回さなくてもいいんじゃないかってぐらいに、

艶やかで光沢が違うような感じです。

注ぐ時にも、

スチームとフォームドミルクが分離せず、

キレイに注げました。

アレッシィで初めて作ったリーフのラテアート。
リーフのラテアート

リーフのラテアート

リーフのラテアート

まあ、これまでのリーフと代わり映えしませんが…、

でも、ミルクが注ぎやすく、注ぐ流れだけで、

リーフが描けているような感じがしました。

あとは感覚をつかむまで、もう少し時間が必要かな。

そして、カプチーノの口当たりも、

これまでより柔らかくなったような気がします。

おうちバリスタさんの情報によると、

注ぎ口が突き出ていると、

細かい図柄が作りやすい利点もあるようなので、

また練習して、

いろいろ楽しい作品を作っていきたいです(*´∀`*)


↓↓応援のクリックいただけると嬉しいです。


↓↓応援のクリックいただけると嬉しいです。



いつも読んでくださりありがとうございます♪
とても励みになっています(*´∀`*)
これからも応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト
アクセスカウンタ
プロフィール

なつかもとや

Author:なつかもとや
コーヒー関係が苦手だった私が、
デザインカプチーノに魅了され、
無謀にも独学で、ラテアートや
デザインカプチーノ作りに孤軍奮闘中。

Twitterアカウント


プレゼントしてくれると喜びます!
私のamazonほしい物リスト

 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
お買い物にどうぞ。


 
 
おすすめ

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。