おうちバリスタ なつcafe

家庭用エスプレッソマシンを使ってデザインカプチーノ・ラテアートにチャレンジ。

 
11
15
19
28
30
03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癒しのディーヴァ 森 麻季さんのコンサート

きょうは、神戸文化ホールで開かれた、

ソプラノ歌手の森麻季さんとピアニストの横山幸雄さんの

デュオコンサートを聴きに行ってきました(^ω^) 



プログラム

G.F.ヘンデル:オペラ「セルセ」より“なつかしい木陰よ(オンブラ・マイ・フ)”
G.F.ヘンデル:歌劇「リナルド」より”涙の流れるままに”
J.S.バッハ=グノー:アヴェ・マリア
成田為三(林古渓 詩):浜辺の歌
山田耕筰(北原白秋 詩):曼珠沙華
山田耕筰(北原白秋 詩):からたちの花

F.ショパン:バラード第1番 ト短調Op.23 [ピアノソロ]

E.ショーソン:リラの花咲くころ「愛と海の詩」Op.19より
E.ショーソン:蜂すずめ
アンリ・デュパルク:フィディレ

--休憩--

L.v.ベートヴェン:ピアノ.ソナタ第17番 ニ短調 Op.31-2<テンペスト> [ピアノソロ]


J.シュトラウス:オペレッタ「こうもり」より“私の侯爵様”
J.シュトラウス:ワルツ 春の声

アンコール
プッチーニ:ジャンニ・スキッキー “私のお父さん”
プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」より"私が町を歩くとき(ムゼッタのワルツ)”



 脳科学者の茂木健一郎さんも著書

『すべては音楽から生まれる』で同じようなことを書いていましたし、

誰でもが感じることだと思いますが、

やはり、音楽を聴くというのは、

コンサートホールで聞く“ライヴ(生)”に限ります。

まず、コンサートは、クラシックに限らずどんなジャンルであっても、

日程が発表され、チケットを買った瞬間から、

当日が来るのを待ち遠しく、

指折り数えるかのような心躍る気分を長い時間味わえます。

そして、ホールで聴くコンサートは収録されない限りは、

一度きり、一期一会なので、

全身全霊で表現するアーティストに失礼の無いよう、

聴衆であるこちら側も、

耳や目や肌で美しい声と旋律を感じ味わいつくしながらも、

耳と目と肌で感じた感覚を次は脳に記憶させるために、

全神経を集中させるので、えも言われぬ躍動感が生まれ、

文字で書き尽くせない、言葉で言い尽くせない感動や快感を味わえます。

コンサートを収録したCDやDVDは、

何度も楽しめて素晴らしいものですが、

やはりライヴは、録音・録画されたものとは比べようのない感動や快感です。

 麻季さんの美声は、今日も心地よく、

特に休憩後の2部からは声の出もさらに絶好調になったようで、

楽しい歌ということもあり気分もノリノリで絶唱されていました。

 女性のソプラノ歌手は、

たまに声が頭のてっぺんから出てると言いましょうか、

無理をしているせいか、刺々しい感じがする人が居て、

例え数分でも聴いていると疲れてしまう時があるのですが、

麻季さんの声は、いくら音域が高くなっても、

無理に出しているという感じがなく、

常に優しく透明感や丸みがあるので、

長時間であっても心地よく聴くことができるから大好きです(*´ω`*)

この常に優しい声質は、類まれなる努力の結果に加え、

麻季さんのお人柄が反映されているからなのでしょうね。

今回、歌われた曲のほとんどが、

麻季さんのCDの中でも特に繰り返して聴くほど、

自分にとって好きな歌が多く、

いつかライヴで聴いてみたい願っていたので、

とても満足しています。

今日も素晴らしい価値のある至福の一時を

体験させていただいたことに感謝しています(^ω^) 

いつも読んでくださりありがとうございます♪
応援のクリックをよろしくお願いします。



いつもありがとうございます(^ω^) 
スポンサーサイト
アクセスカウンタ
プロフィール

なつかもとや

Author:なつかもとや
コーヒー関係が苦手だった私が、
デザインカプチーノに魅了され、
無謀にも独学で、ラテアートや
デザインカプチーノ作りに孤軍奮闘中。

Twitterアカウント


プレゼントしてくれると喜びます!
私のamazonほしい物リスト

 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
お買い物にどうぞ。


 
 
おすすめ

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。